ドル円の勢いが凄い

ドル円の勢いが凄いことになっています。ドル円は欧州時間に入ると、112円後半まで一気に駆け上がりました。欧州株が上昇していること・NY原油先物が落ち着いたことが材料となりました。

欧州時間のドル円は勢いがなくなると見ていたのですが、予想は外れてしまいましたね。まだまだ伸びそうです。水準としては、今年1月10日以来の水準となっています。

さて問題は、上値です。ドル円の勢いがNY時間にも続くのなら、113円台も夢ではないかとおもいます。RCI・ROCともども上昇しているので、ありえるでしょう。ただ政治状況が今よくないので、112.7円か112.8円あたりが上値になると見ていますが、果たして…。 一方ユーロドルはというと、激しい動きは見受けられませんでした。

そのような昨今の状況を鑑みると、外国へ物を輸出するときに、数年前までは1ドルが75円あたりだったわけですから、世界に技術力を誇る日本の自動車の輸出という面で考えると為替レートが110円台になった今は、たくさんのお金を用意しないと外国では日本車を買えないことになっています。

レートとしては45円もの差があるので買うほうとしては大変ですよね。ですからこのまま円安が続いていくと買う方も買い渋っていくと思いませんか?

円高にならないと国際経済のバランスが保てなくなってくるときがあるのです。逆に外国から物を輸入するには、今は円安で多くのお金が必要となってくるので、

外国の安い牛肉を輸入して低価格で食べられた牛丼の価格は上がらざるの得ないのです。だからFXトレーダーにとって円安はどこまで持ち応えられるかを見ておく必要があるのです。